最近の投稿

無料での作り方

ホームページ制作における無料での作り方

ホームページ制作をするためにまずはサイトの内容をどうするかを決めます。それが決まったら実際にページを作っていきますが、ホームページに使うファイルはhtmlという形式になります。メモ帳などでも作ることが出来る簡単なものですが、見やすいサイトや、目立ったりサイト内の文字が動いたりするようなものを作ろうと思ったらそれなりの知識や技術が必要になります。

有料のホームページ制作ソフト等を使えばこういったものも簡単に作ることが出来ますが、htmlを覚えるとブログの改造なんかも簡単に出来るようになるので覚えて置いて損はありません。また、無料で使う事の出来るホームページ制作ソフト等もあります。有料のものに比べると多少の知識が必要になりますが十分な内容のサイトを作る事が可能です。

基本的な作り方としてはで囲んだ間に文字を入力するだけです。テキストだけで構成されたサイトならこれだけで作ることが出来ます。注意する点として改行があります。一般的なテキストエディタとは違いただエンター等で改行するだけではサイトで表示した時には改行されていません。文字の後に
と入力するか、文字を

で囲む必要があります。
は通常の改行、

は1行開ける改行という違いがあります。

文字の大きさや色を変えたい場合はfontを使います。で文字を囲むことで文字の色が変わります。サイズも同様です。FFFFFFはカラーコードで白を表します。カラーコードはホームページ制作ソフトを使うと色を見ながら指定出来るので便利です。
その他には表を表すtableタグ、一本線を引いて見やすくする


タグ等を使う事で見やすいサイトを作ることが出来ます。

こうしてある程度の内容が出来たらホームページ制作は完成に近づきます。メモ帳で作っている場合拡張子はtxtとなっていますが、これをhtmlに変える事でhtmlファイルになります。ウェブサイトにアップするためにはホームページスペースを確保する必要があります。インターネットを契約したプロバイダに初めから与えられているスペースを利用するか、無ければ無料でレンタルしているサービスもあるのでそれを利用します。

ホームページレンタルサイトによっては直接アップロード出来るものもありますが、無い場合はアップロード用のソフトを使用します。これも無料で利用出来るものがあります。
アップロードが完了すれば完成です。後はサイトを充実させるように更新したり、宣伝したりしてアクセスを増やしていきましょう。

価格について

ホームページ制作の価格について

会社を経営したり商売をしているとホームページ制作をして、企業の発展や商売繁盛につなげたいと思います。ホームページ制作で業績を上げたり、商売繁盛に効果を上げている企業や商店も多いからです。しかし誰でもホームページ制作が出来るわけではありません。

またどうにか自分で製作しても、あまり見栄えのしない客受けできる様な制作はできません。
そこでホームページ制作のプロにお願いして、自社の素敵なホームページを制作してもらおうと思います。しかし初めての時はどれ位の価格になるのか判断できないので、数社より見積をもらって価格の比較をしようと思います。しかし見積をもらってまた判断に困ります。

と言うのは余りにも価格にばらつきがあり、どのように判断してどこに頼むべきかが分らないからです。

まず見積をただ貰うだけでなく、自社として何をメインにPRして、どの様な商品を売りたいと、ホームページ制作の目的を明確に伝えるべきです。

その上で簡単でよいので、ホームページの骨子の部分を制作してもらい、それを見積書に添付してもらうべきです。ページ数で1ページいくらで制作する所もありますが、無駄なページをいくら増やしても、売り上げにつながらない事は自覚しておきましょう。

また制作会社で取材したり写真を撮って制作するので経費がかかると言う場合がありますが、これも自社のカタログやパンフレットを流用できないかを確認すべきでしょう。特に注意すべきは制作会社が人手不足や忙し過ぎて、個人のWEBデザイナーに外注している場合があります。

この様な会社は後々でホームページの更新や変更の時、対応が遅くなったりもちろん経費も高くつく場合があるので注意すべきです。

一見綺麗で素敵なホームページが出来て喜ぶ事がありますが、ホームページ制作が目的ではなく、このホームページで次の仕事の契約を取ったり、お客を増やす事が目的である事を忘れないで下さい。いくら高額の制作料を払いカラフルで美しく何ページにも及ぶホームページ制作をしてもらっても、売り上げや商売繁盛につながらなくては元の木阿弥です。

例え安い価格でも目的に沿った、見る人に分かり易いホームページ制作ができるのです。また後々の更新やメンテナンス料金についても、当初で確認しておく事です。そして制作会社の経験に基づいて積極的にアドバイスや提案をしてくれる、そんな所にお願いすべきです。例え価格は安くても、キラッと光る味のあるホームページにしましょう。

市場規模と需要

ホームページ制作における市場規模と需要について

まず、企業で考えてみると、これだけネットインフラが充実している環境から、ホームページの存在は今や宣伝広告や企業の顔として、利益に十分貢献してくれるようになったといえます。そのため、大手企業では、管理者を置いて運営しているところがほとんどです。しかし、中小企業に目を向けてみると、人材を確保できなかったり、また資金の面で人を置いていない企業も多く、こうした企業をターゲットにすることで、十分市場規模を獲得していくことが可能だといえます。次に、企業ではなく個人に目を向けてみましょう。ここでは、個人事業者もここに含めることにします。個人においても、ホームページ制作を依頼したいという需要は確実に高まっているといえます。ホームページ制作に必要な知識としてHTMLやCSSが必要になることから、自分で一からホームページ制作をするとなると、かなりの時間と労力が必要になってきます。また、個人でホームページを持ちたいという方の中には、ネットビジネスの一つとしてホームページを利用したいと考える人もいます。企業広告を利用したアフィリエイトや有料サイト、ECショップなど、インターネットを使ってビジネスをはじめるとなると、どうしてもホームページ制作は避けては通れないのです。こうした理由から、ホームページ制作の需要は個人の中においても、確実にあるといえます。市場規模はそれなりにあることは分かりましたが、それではホームページ制作サービスを提供する供給側はどういった現状なのでしょうか。現在の実情からいえば、かなり飽和状態なのは間違いないといえます。それはウェブ制作会社だけでなく、フリーランスとして仕事を請け負っている方もいるからです。そのため、今後はこの市場は、自然淘汰されていきホームページ制作だけでは食べていけない状況になってくるといえます。サイバーエージェントが提供している無料で利用でいるブログからも分かるように、ホームページもあらかじめ用意されているテンプレートを使えば、オシャレで機能性が高いサイトが簡単につくれるようになりました。企業間同士の市場の取り合い以外にも、こうした技術向上に伴う市場縮小も考慮しなければなりません。しかし、SEO対策やプログラミング言語を導入したダイナミックなホームページ制作など、無料サイトではできないようなサービスを付加価値としてつけることで戦っていくことは可能だといえます。企業、個人共に市場規模が見込めることから、アイデア次第で十分生き残っていくことはできるといえるでしょう。

Copyright© 2014 ホームページ制作で起業するには? All Rights Reserved.