市場規模と需要

ホームページ制作における市場規模と需要について

まず、企業で考えてみると、これだけネットインフラが充実している環境から、ホームページの存在は今や宣伝広告や企業の顔として、利益に十分貢献してくれるようになったといえます。そのため、大手企業では、管理者を置いて運営しているところがほとんどです。しかし、中小企業に目を向けてみると、人材を確保できなかったり、また資金の面で人を置いていない企業も多く、こうした企業をターゲットにすることで、十分市場規模を獲得していくことが可能だといえます。次に、企業ではなく個人に目を向けてみましょう。ここでは、個人事業者もここに含めることにします。個人においても、ホームページ制作を依頼したいという需要は確実に高まっているといえます。ホームページ制作に必要な知識としてHTMLやCSSが必要になることから、自分で一からホームページ制作をするとなると、かなりの時間と労力が必要になってきます。また、個人でホームページを持ちたいという方の中には、ネットビジネスの一つとしてホームページを利用したいと考える人もいます。企業広告を利用したアフィリエイトや有料サイト、ECショップなど、インターネットを使ってビジネスをはじめるとなると、どうしてもホームページ制作は避けては通れないのです。こうした理由から、ホームページ制作の需要は個人の中においても、確実にあるといえます。市場規模はそれなりにあることは分かりましたが、それではホームページ制作サービスを提供する供給側はどういった現状なのでしょうか。現在の実情からいえば、かなり飽和状態なのは間違いないといえます。それはウェブ制作会社だけでなく、フリーランスとして仕事を請け負っている方もいるからです。そのため、今後はこの市場は、自然淘汰されていきホームページ制作だけでは食べていけない状況になってくるといえます。サイバーエージェントが提供している無料で利用でいるブログからも分かるように、ホームページもあらかじめ用意されているテンプレートを使えば、オシャレで機能性が高いサイトが簡単につくれるようになりました。企業間同士の市場の取り合い以外にも、こうした技術向上に伴う市場縮小も考慮しなければなりません。しかし、SEO対策やプログラミング言語を導入したダイナミックなホームページ制作など、無料サイトではできないようなサービスを付加価値としてつけることで戦っていくことは可能だといえます。企業、個人共に市場規模が見込めることから、アイデア次第で十分生き残っていくことはできるといえるでしょう。

Copyright© 2014 ホームページ制作で起業するには? All Rights Reserved.