営業方法について

ホームページ制作の営業方法について

ホームページ制作と言えば、かつてはHTMLの専門知識がないと中々きれいなものは作ることができませんでした。そのため今でも難しいものであるという印象を持っている人は沢山います。そのような背景から企業のウェブサイト作成のために何十万もの資金を投じるケースはそれほど特別なことではありません。しかしIT技術の成熟に伴い、専門家の手を借りなくてもウェブサイトを作成することができる技術を持った一般社会人が増えてきました。加えてウェブサイト構築のためのシステムも進化を続け、特別な知識がなくてもウェブサイトの構築ができてしまうツールなどの商品化も相次いでいます。そのためホームページ制作を生業として生計を立てていくには特別な営業方法が必要になる時代になりました。
まずホームページ制作に関してですが、作成の代行で何十万というお金が取れる時代は終わりを迎えつつあります。技術者の数も増え、価格競争に陥ってしまうと商社のいない市場になってしまう懸念も生じます。そのためホームページ制作会社各社は生き残りをかけて独自のサービスの展開を進めています。ホームページ制作とそのほかの何かを組み合わせて付加価値を見出そうとするのが現在の主流のスタイルとなっています。
まずホームページ制作ですが、それを専門とする会社が個人に対して有利に待ちふるまうことができるのは技術力において大きく優っている場合に限ります。個人が市販のツールで簡単にできるようなことはもう大した売り物にはならないと考えた方がよさそうです。そのため独自に作成できるコンテンツをどれだけ抱えているかということが重要になります。
そして提案力というものも重要になります。自分で考えて構築していくだけの力がある企業の場合は外部に委託するということそのものがあまり発生しません。外部に委託するということはそれ自体が社内に何かが不足しているという事実を肯定するものです。そこで何を必要としているのかを綿密に打ち合わせ、その穴を埋めて商品を提供できるかどうかが業者の腕の見せ所です。
あるいはウェブサイトと何か別の付随サービスをセットで売り込むという対応も一つの選択肢です。例えばメールサーバーごとウェブサイトを売り込むという手法があります。ウェブサイトを置くサーバーを利用してメール環境を改善すればそれだけでも商品となります。または各種宣伝活動やSEO対策をセットで提供するのも一つの手法です。

Copyright© 2014 ホームページ制作で起業するには? All Rights Reserved.